井の中のアイランド

エクスとプレス

バレンタインに自分で自分に手作りお菓子をプレゼントしたので、ホワイトデーも自分で自分に手作りお菓子をお返ししないと、辻褄が合わなくなる

今年のバレンタインには自分で自分に手作りのガトーショコラをプレゼントした。

手作りガトーショコラ

勢いだけで作り始めたが、手前味噌ながら非常に美味しく出来上がり、お菓子作りの楽しさと大変さを知ることとなった。

で、2月14日のバレンタインにお菓子をプレゼントされた場合、3月14日のホワイトデーにそのお返しをするのが通例となっている。自分で自分に手作りお菓子をプレゼントしたのだから、自分で自分に手作りお菓子をお返ししないと辻褄が合わなくなる。

いや、そんなことをしなくても辻褄が合わなくなることなんてないのは分かっている(馬鹿じゃないから)。ただ、バレンタインのときに使った生クリームが冷蔵庫の奥にずっと余っていて使う機会がないのだ。生クリームを消費する絶好の機会ということで、1ヶ月ぶりにお菓子作りをすることとなった。

今回作るお菓子もYouTubeを参考にする。

前回も参考にしたユーチューバーの動画だ。という訳で今回はホワイトテリーヌを作る。テリーヌがなんなのかは全然分かっていない。たぶん照りっとしているのだろう。

今回使う材料はこちら。

=========================

ホワイトチョコ(計200グラム)

卵(2個)

生クリーム(200ml)

=========================

ホワイトチョコレートは通常のミルクチョコレートよりも内容量が少ないので注意が必要だ。今回は明治のホワイトチョコレートを使ったが、1枚の容量が40グラムなので、5枚でちょうど200グラムとなり調整しやすかったのだ。ちなみにロッテのホワイトチョコレートは1枚の容量が45グラムとなっている。だから板チョコのまま食べるとしたら、ロッテの方がちょっとだけ量を多く食べられるのである。これを知っているとライバルに大きく差がつく。

まずはチョコレートを割ってボウルに入れていく。

白いボウルに白いチョコレートを入れたので分かりにくいですね。これを5枚分。

何故か自分が金持ちになったような気分になるのでこの行為オススメである。

で、ここに生クリームを200ml投入する。

ただ、冷蔵庫に余っていたこちらの生クリームの容量はちょうど200ml。バレンタインのときに大さじ4使っているのでこのままでは足りない。

だから足りない分は牛乳を代用することとした。牛乳なら素材としてそこまで外れていないはずである。ここでもう一度生クリームを買ってきた方が面白いことは分かっていたのだが、生クリームは想像よりずっと高い(400円くらい)ので、食費をなるべく低く抑えようとしている僕には買えなかった。皆さんはここで生クリームを買えるかっこいい大人になってください。

やっぱり白くて分かりにくいですね。

そしたらこれを湯煎してチョコレートを溶かしていく。

湯煎に使ったボウルも白だから尚も分かりにくいですね。なかなか大変な作業だが電子レンジの加熱ではどうしても焦がしてしまうリスクが付き纏うので、湯煎の方が確実なのだ。

童謡「やぎさんゆうびん」ってどっちかが途中で手紙読んだらややこしくなるよななんて考えていたら、チョコレートがしっかり溶けていた。湯煎のときは余計なことを考えるのがいいかもしれない。

続いて卵2個をめちゃめちゃ溶く。

お気に入りの丼ぶり

僕は泡だて器を持っていなかったので、箸を使って全力で混ぜているが、お菓子作りの場合、卵が泡立つくらい混ぜなければいけないことがほとんどなので、絶対に泡だて器は買っておいた方がいい。俺の言うことを聞け。

疲れたのでこれくらいにしておく。溶いた卵を湯煎したチョコレートソースに加えて、よく混ぜる。

なんとなくウルトラQのオープニングを思い出す。伝わらない人はもう帰っていいです。

しっかり混ぜたらクッキングシートを敷いたパウンド型にソースを流し入れる。

パウンド型はこのために買った。

クッキングシートもこのために買った。

180℃に余熱したオーブンで20分焼く。焼いた後に型から取り出しやすくするためにもキッチンペッパーは敷いた方がいいと思われる。

いい夢見ろよ…

焼き上がり直前。生地がだいぶ膨らんでいるのが分かるだろうか。

焼き上がりの音をしっかり聞いてからオーブンを開ける。この写真なら生地の膨らみがしっかり伝わるのではないだろうか。あとめちゃめちゃ良い香りがする。秋田駅2階のトピコで同じ香りを嗅いだことがある。

で、こちらの粗熱を取った後、ラップをして冷蔵庫で1日寝かせる。

 

〜1日後〜

 

冷蔵庫で1日寝かせたせいでホワイトデーは既に過ぎている。思えばバレンタインのときも同じ理由でバレンタインを過ぎてからガトーショコラが完成した。そのときの反省を踏まえて3月13日に作り始めるべきだったのだ。本当に僕は学習しない。こんな頭の僕だが、大学4年時に学部の優等生表彰を受けたこともあるのですよ。

その証拠がこちら。ついでに記念品として図書カード2万円分貰った。

皆が僕の話を信じないので本題から逸れてしまったが、一晩寝かせたことにより生地がだいぶしっとりしている。良い店の卵焼きみたいな見た目だが、ホワイトテリーヌの完成である。本当にちょっと照りっとしているのが面白い。

とりあえず2切れ盛り付ける。いよいよ卵焼きみたいになった。

そして動画のサムネのように中が半熟である。これは味も期待できそうだ。奥に洗剤が見えるのが素敵だ。生活って感じがして。

一口食べてみたらマジで美味しい。マジで美味新宝島。外はしっとり中はトロリといった食感で、甘さもしっかり感じられる。材料3つで作ったとはとても思えず、お店でそれなりの値段で売っている味だ。もしかしたらトピコの2階で本当に売っていたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…マジで美味新宝島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…マジで美味新宝島?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 の

  ま

   ま

    君

     を

      連

       れ

        て

         行

          く

           と

            丁

             寧

              丁

               寧

                丁

                 寧

                  に

                   描

                    く

                     と    

                    揺

                   れ

                  た

                 り

                震

               え

              た

             り

            し

           た

          線

         で

        丁

       寧

      丁

     寧

    丁

   寧

  に

 描

 と

  決

   め

    て

     い

      た

       よ

        ♪

 

さすがに一度で全部は食べ切れないので、適当なサイズに切り分けてラップをして保存しておく。この作業をしているとき「別に誰かにあげる訳じゃねえのになあ」と現実に引き戻されそうになったが、耐え抜いた。

今回も自分のためにお菓子を作ったが、前回に劣らないくらい美味しくできた。本当はこれを誰かにプレゼントできるのが素晴らしいし、かっこいいのだろうけど。

いや、僕は既にかっこいい。かっこいい大人だ。何故なら…

また生クリームを買ってきたから!!!

 

ズコ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!💨💨💨

 

またお菓子作るんか〜い😅☝️💦💦💦💦💦💦

 

Hahahahahahahahahahahahahahaha……………